クロノヴィア機関~Devil`sBar~
ようこそDevil`sBarへ…ここでは主にゲームを中心とした記事を書いていきます。最近ではPSO2に関する記事を書いています。他にはキャラたちによるストーリーも書いています。ぜひ見ていってください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロノヴィア~幻獣界設定集~
幻獣界

神の気まぐれにより白い砂漠で枯れた木が一本埋められた。枯れた木は黒い砂漠へと変えていった。そこから幻獣が次々と生まれていき、幻獣達は白い砂漠を緑生い茂る森林、または白銀の雪山へと変えていき白い砂漠はどんどん別の自然に変わっていきついに死神界の9割が別の自然へと変わってしまった。幻獣達の獰猛さに恐れをなした死神達は唯一残った白い砂漠に結界を施し幻獣達の住む幻獣界と死神界を隔離した。
また幻獣たちは皆不老で病や戦いによる致命傷などでしか死なない。

死龍

枯れた木が最初に生み出した生物で数も多く幻獣界最強の生物、植物や生物の生命の終わりを感じ取る事が出来て、死龍の現れる所には必ず何かが死ぬと恐れられていた。しかし死龍はただ感じ取るだけで何も害はない、死龍は極めて温厚な性格で自然を誰よりも愛しているので好戦的ではないが、生態系を乱すもの、環境破壊を行うものには容赦なく襲い掛かる。死龍の逆鱗に触れたものは皆食い殺されていった、なぜなら死龍は純粋なまでに強く、これといった特殊な能力は備わっていないが腕力、俊敏性、硬さなど近接戦闘で有利なステータスは全てトップクラスの強さを誇る。また死龍の主食は死肉であり死した幻獣を弔いその後死肉を半分喰らい半分を土に埋める習性がある。「我が血肉として我と共に未来に行こう」、「魂を自然に返す、そして生まれ変わってくれ」という2つの意味がその習性に込められている。それを知った初代死神王ディードは死龍に死神の仕事「人間の魂を裁く事」の協力を頼んだ。死龍は説明を聞いて快く受け入れ、ディード率いる死神達に協力した。この協力関係で死神と死龍の絆は深まり互いに良きパートナーとして活動をしていた。だがディードが行方不明になり、そして二代目死神王アルゴスが就任したことを死龍達は疑問に思った。真相を確かめようと動き出そうとしたが先手を打たれ、アルゴスの罠により死龍の知性を奪い破壊衝動を植え付けられた。そして半分は幻獣界、また半分は人間界へと転送され死龍は破壊の限りを尽くしていた。幻獣界では幻獣達が徒党を組み死龍達と長い死闘の末勝利、だが一匹だけ取り逃がしてしまい追いかけたものの見失ってしまった。人間界では死龍が偶然近くにいたアルゴスの息子を食い殺した、それがアルゴスに伝わり死龍達そして関わる者全て抹殺する指令がくだされ、死龍と滅龍一族は死神達によって滅ぼされた。
現在死龍は二匹だけ存在すると言われている。一匹は死龍と滅龍一族が戦闘を繰り広げてたと言われる跡地により発見された卵から生まれ今は元クロノヴィア総帥補佐シャルナの元で保護されている。もう一匹は幻獣界でラグナが発見、ラグナは死龍の呪いを解き理性を取り戻させた。滅びかけた死龍達だが…もしかしたら再び幻獣界で繁栄するかもしれないだろう…

白龍

幻獣界で最も美しい龍と言われており昔ヤソンがその龍を捕獲しようとしたが返り討ちにされ皆死亡してしまった。白龍は敵を幻術にかけ混乱してるところを喰らう。最も恐ろしいのが視覚、聴覚、嗅覚の3つの感覚器官から幻術をかけられるので逃れようがないのだ。しかし範囲外から戦えば特に問題はないが白龍は小型で防御力も対して高くないがスピードが早いので近づかれてすぐに幻術にハメられてしまう。また視力が異常なまでに発達しておりどんな視界が悪い環境もものともしない。
白龍は死龍と同じく大人しい性格で襲いかかるものには容赦はしないが、死龍と違い腹が減れば狩りを行うので死龍を除けば白龍は捕食者の頂点という存在であり常に場所を転々としてるので運悪く出会ってしまった幻獣は己の不運を呪わざるおえないだろう。

氷龍

氷の鎧をまとった青白い甲殻が特徴的で氷点下の光線を吐き出す、雪山や凍土といった場所を住処としており集団で行動している。とても縄張り意識が強く自分の住処に踏み入るものには容赦はしない。しかしそれが災いしてかうっかりテリトリーに入ってしまった戦狼を襲ってしまいそれがきっかけとなり戦狼と氷龍との大きな戦いが勃発した。長い戦いの末敗北してしまった氷龍は憤慨した戦狼達に蹂躙され次々に食い殺されていった。そして最後の一匹となった氷龍は戦狼から逃れとある雪山の洞窟の中まで逃げ込んだが重傷を負い死にかけだったがそこに居合わせた半龍プリメラと出会い彼女の手助けで何とか一命を取り留めた。
現在氷龍は幻獣界にいなく、ラグナ達の協力により別の場所で保護されている。

半龍プリメラ

ヤソンと白龍のハーフで身長は3Mあり、白い衣と白い髪で見た目はほぼ人間に近い。彼女はヤソン族の元で育てられたがヤソンの闇の部分を目撃してしまいヤソンの集落から逃げ出してしまった。彼女は姿をくらます特殊な吹雪を使える事が出来てヤソンの追手からは簡単に逃れる事ができた。逃げついた先は雪山の灯台、当時ヤソンが使っていたとされている灯台を住処とした。彼女はとてもフレンドリーで他の幻獣たちともすぐに仲良くなり毎日楽しい生活を送っている。そんな彼女だが過去のトラウマかたまに暗い顔をして周りから心配されることもあるようだ。

戦狼

白い毛並みが特徴の狼で大きさはそれぞれである、幻獣界一誇り高く、誇りを踏みにじるものには容赦はしない。また戦狼の中では格差社会というのが存在しており、強き戦狼は慕われ、弱き戦狼は見下される。また戦狼が誇りに反する行為を行ってしまった場合は運よくて仲間はずれ、最悪の場合は食い殺される。それは強い弱いも関係なく戦狼のトップも例外ではない。
その中のフェンリルという戦狼は毎日出来損ないと蔑まれ不幸な毎日を送っていた。狩った獲物にもまともに食べることは出来ず例え功績をあげても「運がよかったな」と言われるだけだった。流石に限界だったフェンリルは群れから抜けだして幻獣界を放浪していた。戦狼の中でも戦闘力がないフェンリルは狩りもろくに出来ず餓死しかけたがルクトにより保護された。現在フェンリルはクロノヴィア総帥ルクトの元で力を磨いている。

剣狼

灰色の狼でほとんどの剣狼が一般的な犬と対して大きさは違わない。そして剣狼はその名の通り剣を使って戦う狼でかつてヤソン同士が戦争をしていたとされてる土地を住処とし、そこには錆びた剣や折れた剣などが大量に投げ捨てられていた、剣狼はそのどれかの剣を選び改造し、鍛え直し続けながら一生その剣でこの先の戦いを共に切り抜ける。一つの剣に対しての拘りが強く一見誇らしい幻獣に見えるが、実のところ幻獣界一強欲な生物で欲しいものは殺してでも強奪する俗に言う盗賊に類する幻獣なのだ。剣狼自体小柄で動きも素早いので盗みなど日常茶飯事、また剣強化の為に狩りをすることもあり狙った獲物は地の果てでも追いかけるほど執念深さも兼ね備えている。
剣狼のボスは他の剣狼より一回り大きく青く美しい大剣を背負っておりその戦闘力は戦狼のボスと互角と言われ何度か衝突があったりするようだ。

ピクシー

幻獣界の自然の死より生まれた不思議な生物で幻獣界で最も数が多い、大きさは人間の手の平に収まるほど小さい。故に捕食者が多くピクシーのほとんどは臆病な性格であり木の中など隠れる場所を住処としている。そんなピクシーもちっぽけだが自然を操れる力が備わっており数も多く力を合わせて敵を追い払ったりなど出来るようだ。ピクシーはどんな場所にでも生息しておりまた姿形も千差万別であり極稀に特殊な力を備えたピクシーも存在すると言われている。またピクシーは感情を読み取る事が出来て、敵意のないもの、心が綺麗な者には姿を現したりするようだ。

公王

幻獣界を作り出した枯れた木こそ「公王」である。地域によっては「賢人」「邪神」などと呼び方は様々だが本人曰く「公王」という名が気に入ってるので「公王」と名乗っている。彼の居場所は不明であり知ってる者は極僅か、人と木が融合した姿で全体真っ白、もともとは黒かったのだが白い砂漠を黒い砂漠に変えるときに白くなったと言われている。実は幻獣界全域が彼のテリトリーであり幻獣界で起きた全ての事象を彼は見てきた。故に幻獣界の全てを知り尽くしている。しかし隔離した死神界は彼のテリトリーではないようだ。「公王」は今も変わらず幻獣界を見守り続けている。

ヤソン族

幻獣界の「人間」と言われており人間と対して変わらない、力がない分幻獣界で最も賢い生物であり、武器や防具で身を守りつつ罠を仕掛け、かかったところを集団で襲いかかるのが彼らの狩猟方法だ。また幻獣界という過酷な環境を生きていくために視力が強化されており数キロ先の幻獣ですらはっきり見えるので狩猟や危険回避などにとても役立っている。
一つ一つの集団には決まりなどがあり内容によっては過激派、穏健派と別れる。他の集落を襲い奴隷として扱う集団もいれば手を取り合いより強大な集団として行動する集団もいる。十人十色のヤソン族が存在しているため当然衝突は避けられず大きな戦争を引き起こした、現在戦争跡地は剣狼の住処となっている。
知恵があるが故に恐ろしいヤソン族は他の幻獣達の間では好き嫌いが激しい。中にはヤソン族を滅ぼそうとする幻獣も存在する。

墓王

かつてヤソンが繁栄していた時代、ヤソンの数が最も多かったとされる迷路状の巨大洞窟ではとある病が蔓延していた。結果その巨大洞窟に住んでいたヤソンは全滅、多くの魂がその巨大洞窟を彷徨っていた。そしてその魂達は一つに集まり再び幻獣界に復活した、それこそ墓王だ。墓王は歪んだヤソンの魂の集合体であり見た目は骸で構成された肉体を真っ黒なモヤに身を包んだ巨人である。彼は不死であり何度倒しても蘇ってくる、しかし再生には時間がかかるので倒したらすぐに逃げたほうがいいだろう。彼自身もとても好戦的な性格で動くもの全てが敵と捉えられている。そんな彼は行動範囲が巨大洞窟だけなのでいつしか巨大洞窟は「墓王の巣」と呼ばれるようになった。常に移動し続けてるので慎重に進まないと遭遇してしまうだろう。

光人グウェル

ヤソン達の肉体改造で白龍の一部を埋め込まれてしまったヤソン族、肉体改造で醜い体を隠すため白い衣を纏うようにしている。かつてヤソンの貴族達が住んでいた廃屋を住処として普段奥の部屋に篭っている。グウェルは白龍の力を使用することが出来て相手を惑わす事が出来る。また魔法に長けているので魔法攻撃と幻術を駆使して獰猛な幻獣と一人で切り抜けている。集団戦を主としているヤソン族と違い一人でも戦える彼は間違いなくヤソン族最強とも言えるだろう。

カーバンクル

額に「イグニスルビー」と言われる宝石と緑の毛皮が特徴の可愛いらしい幻獣、その宝石には強力な魔力が備わっておりカーバンクルはその魔力で堅牢な結界を張る事が出来る。大きさは小動物より少し大きい、性格はとても無邪気で純粋、人懐っこくその性格が災いしてヤソン族に乱獲され絶滅危惧種に指定されるほど数が減ってしまった。現在カーバンクルはピクシーと共存しており、ピクシーを守る事を条件にピクシーは食料と自分たちの隠れ家をカーバンクルに提供した。またピクシー達の感情を読み取る能力でカーバンクルが捕獲されないようブレーキ役となっている。その為か徐々にカーバンクルの数が増えてきて絶滅は免れた。

ユニコーン

白い肉体と毛並み、そして立派で鋭い角が特徴の白馬。美しい見た目とは違い気性が荒く機嫌が悪いと襲いかかる事もある。角には解毒効果があり触れた者の毒を浄化出来る、またユニコーンの血液は銀色で傷薬としても優秀、どんな病などに効くと言われ「歩く万能薬」とも言われており乱獲しようとヤソン達がこぞって欲しがったがユニコーンは足も早く力も強いので簡単に捕獲出来ず犠牲者ばっかり出ていた。ユニコーンは傷ついてもすぐに再生してしまうため例え足を切り落としても数分で足が生えてしまうのでヤソン族はその再生力を見て乱獲を諦めた。特殊な能力がないが再生力が強い為倒すことは困難だろう。だが一度負かせる事が出来れば大人しくなり手なずける事も可能になる。

嵐鷲

嵐を起こすほどの力を持っている大鷲、常に群れで行動してるため嵐鷲がいる空域は天候が非常に不安定、気性がとても荒く、機嫌によって天候が変化する。その中の頭領である片目の嵐鷲ホルスは好戦的で以前氷龍や戦狼、死龍にまで襲いかかったという、片目は死龍との戦いで失ってしまいそれ以来死龍に近づかなくなった。そんなホルスは現在クロノヴィア総帥補佐のシャロンの側近にいる。シャロン本人の話によれば、ホルスに襲われたところを返り討ちにしてそのまま自分の部下にしたと言われる。最初は隙あらば食い殺そうと考えたがシャロンと過ごしていくうちにホルスもどんどん丸くなり今じゃのんびり屋、怠け者になってしまった。だがきちんと相手を見ていて正確な助言をしてくれたりする。

ウロボロス

幻獣界一残忍で狡猾な蛇、自分の肉体の模様を変えられる事が出来てどんな場所でも隠れられる。また様々な毒を持っており己の体内で毒を合成して新たな毒を生成出来る為ウロボロスの毒に対しての解毒剤が存在しない。更に恐ろしいのが噛まれた事に気付かれないよう痛覚遮断の物質を噛んだ時に放出するので気づかぬうちに毒を流し込まれ殺される幻獣が後を絶たない。しかしそんなウロボロスには天敵が存在するどんな毒をも浄化することが出来るユニコーンだ、この幻獣だけには勝てずウロボロスはユニコーンを避けている。密林や沼地といった場所に生息しておりかつてまだウロボロスが確認されていない時代、何も知らぬヤソン族が偶然にもウロボロスの巣の近くに集落を作り、その夜一匹のウロボロスにより全滅してしまったと言われる。現在その集落はウロボロスの住処となっており幻獣たちはその住処に近づこうともしない。

不死鳥

死ぬ時自ら炎に身を投げ、その灰の中から生まれる事から不死鳥と呼ばれるようになった。太陽を思わせるようなオレンジ色の毛並みが特徴、大きさは成鳥ともなれば5Mをも超える。幻獣界でも希少種である不死鳥は何処に住んでいるか不明であり実は存在しないのではと思う者もいるほどである。実は不死鳥は様々なものに変化出来、本来の姿はほとんど見せない。戦闘力もそれなりにあり主に炎を使った攻撃が主流だが、すぐに姿をくらましてしまう。現在確認されている不死鳥は、4匹であり一匹はラグナの元で保護されている。

幻獣界~区域~

水没都市

クラーケンが守る海岸の奥の奥に水没都市が存在する。かつてそこに住んでいたヤソン族は知能が高く様々な物を発明、発展させていき現実世界とほぼ大差ない都市まで作り上げた。また法律や制度など設け社会的にも現実世界とほぼ同じだった。しかし野蛮なヤソン族とクラーケンの抗争により巨大な津波が発生、都市をまるごと飲み込みこまれるというとばっちりを受けてしまいそこに住んでいたヤソン族はほぼ死亡してしまった。しかし頑丈な造りをしていたのか建造物は結構残っておりそこはヤソン族の墓標となってしまった。しかしその水没都市にはヤソン族が出没されると報告されており現在保護に向けて捜索中である。

常闇の森林

その木の葉っぱは光を吸収する特性を持っておりその一帯は朝にも関わらずうっすらと暗い事から常闇の森林と名付けられた。夜になると完全な暗闇となり何も見えなくなる。踏み入ったが最後夜のハンターの餌にされ迷い込んだものは二度と戻ってくる事はなかった。現在その森林の奥深くに光人グウェルがひっそりと暮らしておりたまに真夜中の森林に出かけては食料を調達している、彼自体高い戦闘力を誇りそのせいか森林のハンターは彼には一切手出ししないそうだ。

幻惑の雪原

この一帯の生物はとても凶暴でありヤソン族は近づこうともしない、ほぼ毎日吹雪が発生してるため凍死する者も後を絶たない、またその雪原は白龍が多く生息しており迷い込んだ生物を見つけては幻術で惑わして捕食してしまう。幻惑の雪原という名前は白龍の幻術から来ているそうだ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nerogu.blog.fc2.com/tb.php/332-2330a83b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デビルアクセスカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



プロフィール

くろのん

Author:くろのん
ようこそDevil`sBarへ…

私はこの店のマスター、くろのんと申します…

どうぞ…お見知りおきを…

東京都
23歳
好きなもの ゲーム ラルクアンシエル
最近熱中しているもの PSO2

リンクはフリーですよ~コメントしてくれれば相互リンクもしますよ。

気軽にコメントしてくださいね♪

SKYPE名はdevilhunter134です。

~キャラ紹介~

~PSO2~
ラグナ プロフィール2
女ラグナ プロフィール
メインキャラ
ラグナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男または女
クラス ハンター
主力武器 デウス・マドネス
何のためらいもなく敵を殺すほどの冷酷非道
仲間にも厳しく自分にも厳しいが実はクロノヴィアの中で一番仲間思い

シャルナ プロフィール
シャルナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 カエルム・フィーネ
小悪魔な性格&重度のブラコン
怒ると髪が銀髪に変化する

ルクト・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 イラ・ゲイル
真面目で優しいが女性にめっぽう弱く真っ赤になってしまう

シャロン・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 アウルム・ソル
ショタコン疑惑がかかるくらいの子供好き、男性に対して免疫がなく気絶することが多い

ノアル・フェリエル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 双小剣
超無口な為筆談で会話する。忠誠心が非常に強くラグナの命令は絶対に逆らわない

リーナ・ハリウェル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 銃
仕事馬鹿であり常にキャンディーを口に含まないと落ち着かないくらいの超甘党

フェイン・エルヴィンス
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 二刀流

心優しいが気弱なためよくからかわれることが多い

~PSo2I~

バージル2
メインキャラ 
バージル・ブラッドレイジ
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ ダークスレイヤー(HU)
主力武器 ネクス・ディアーボルス
冷酷非道(敵に対して)
クールで不器用な優しさを持つ。
ダンテ2
キャラ名 
ダンテ・ヴェイル
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ レイジングブラスト(HU)
主力武器 ディオス・デスペルタル
テンションが高い、よくナンパする。
ネロ2
キャラ名 
ネロ・ストレイル
種族 ビースト
性別 男
タイプ ラストジャッジ(HU)
主力武器 ジャッジメントハーツ
悪ガキ 単独任務ばかりやっている。汚れ仕事が多い
スパーダ2
キャラ名 
スパーダ・クラウス
種族 デューマン
性別 男
タイプ クオ・ヴァディス(HU)
主力武器 ナイトオブアルティメット
礼儀正しい、紳士的
エリン2
キャラ名 
エリン・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
タイプ ヴァルキリアス(HU)
主力武器 煌刃パニッシュメント
常に冷静、バージルと一緒にいたのか冷酷な面がある。
以外と恥ずかしがり屋。
ルナ2
キャラ名 
ルナ・ハーティル
種族 ビースト
性別 女
タイプ アンブロークン(BR)
主力武器 レンゴクトウ・レンサ
気弱で仲間思い 気弱なためよくいじられる 
ツバキ2
キャラ名 
ツバキ・キサラギ
種族 ニューマン
性別 女
タイプ エリアルレイド(FO)
主力武器 エターナルサイコドライブ
すごく元気な女の子 バージルの弟子
セラ2
キャラ名 
セラ・オーファン
種族 デューマン
性別 女
タイプ クレイドル(RA)
主力武器 エタニティゲイザー
プライドが高く怒りやすく素直じゃない、だけど本当はとても優しい

ティーナ2
キャラ名
ティーナ・ウェイン
本名 リアンナ・ファロン
種族 ビースト
性別 女
タイプ 風魔流体術
主力武器 ナノブラストサイス
無口、恥ずかしがりや、人見知り、戦闘中ではドSと化す

ティア・アルヴィン
種族 キャスト
性別 女
主力武器 銃
研究馬鹿であり全ての物を研究しつくすのが夢
ルナの作った菓子が好きな為よくルナを呼び出す

セレナ・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 ワイヤー
可愛い女性を見つけるといたずらする。心を読む為彼女の前で嘘は通用しない

ルイス・シルヴィア
本名 セフィリア・オーファン
種族 デューマン
性別 女
主力武器 未定
秘密主義でミステリアスな女性
意外と妹思いな所がある



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。