クロノヴィア機関~Devil`sBar~
ようこそDevil`sBarへ…ここでは主にゲームを中心とした記事を書いていきます。最近ではPSO2に関する記事を書いています。他にはキャラたちによるストーリーも書いています。ぜひ見ていってください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタシーストーリー
1.jpg

スパーダ「今日の任務はこれにて終了だ…ルナ…がんばったな…」

ルナ「で、でもまだまだです…もっと頑張って皆の役に立ちたいです…」

スパーダ「その意気込みは大切だ…しかしそうすると体が持たない…それで自分が倒れてしまっては元も子もない…」

ルナ「は、はい…」

スパーダ「少しは体を休めなさい…」

っと言いつつスパーダはルナに二枚の紙を渡した。それは高級リゾートホテルの招待券だった。

ルナ「え…良いんですか!?」

スパーダ「それで楽しんできなさい…二枚あるからもう一人誘うといい…」

ルナ「は、はい…」

スパーダ「では私は帰るとしよう…」

ルナ「はい…お疲れ様でした…」

しかし誘おうにも皆は任務で忙しくて休日などなかった…そしてルナはある男に話かけた。

ルナ「あ、あの…ダンテさん…」

ダンテ「る、ルナ…どうしたんだ…?」

この前ルナはダンテに告白をした。それ以来からダンテはルナを意識するようになり、ルナを直視出来なくなっていた。

ルナ「あの…明日休み…ですか?」

ダンテ「え?…ああ、明日は任務がないから休みだ…」

ルナ「よ、よかったら…い、一緒に行きませんか…?」

っと言いダンテに招待券を渡す

ダンテ「あ…ああ!もちろん行くさ!」

ルナ「よかった…じゃあ明日会いましょう…わ、私はショッピングに行きますね…」

ダンテ「よ、よかったら荷物持ち手伝おうか…?」

ルナ「い、いえ…その…水着を買うだけですから…」

ダンテ「そ、そうか!じ、じゃあ明日な!」

ルナ「はい…」

そして翌日…ダンテとルナはリゾート地区の海岸にいた。

2.jpg

心地良い波の音が聞こえる…その音に混じって他の人のはしゃぐ声が聞こえる…ダンテはあたりを見回しながら腰を下ろす。
風が気持ちよく、ダンテは寝転がって寝ようとした

「お、おい…あの子可愛いくない?」
「スタイルいい…うらやましいな~」
「モデルさんかな?すごく綺麗…」
「こ、声かけてみようかな…?」

なんだか周りが騒がしい…ダンテは体を起こしあたりを見回した。そこには水着姿のルナがいた…

3.jpg

ルナ「お、お待たせ…」

ダンテ「!!!!…お、おう!」

水着姿に見とれてダンテは数秒間固まった。

ルナ「変…かな…////

ダンテ「い、いや!変じゃないぜ!!ばっちりさ!スタイルもいい!…あっ…」

あまりに緊張しすぎて変なことを言ってしまったダンテ。その言葉を聞いてルナは顔を赤くする。

ルナ「そ、そんなことないですよぉ…////

もじもじし始めるルナ、それを見てダンテはもう胸が張り裂けそうな思いだった…スタイルもよく可愛い…さらに彼女の言動がダンテの心を強く揺さぶった。

「いいなぁ…あの人…」
「恋人だと!?うらやましぃ!!」
「スタイル抜群…何を食べたらあんなふうになるんだろう…」

それが聞こえていたのかルナはどんどん顔が赤くなる…

ルナ「………///////

このままじゃダメだと思いダンテはルナの手をつかむ

ルナ「え?……」

ダンテ「よ、よし!遊ぶぜ!!」

ルナを引っ張り海へ連れて行く。

ルナ「あわわ…ひ、引っ張らないでくださいぃ…」

ダンテとルナはリゾートを満喫した海に潜り海中の景色を見てみたり、砂浜で開催していたビーチバレー大会に出場をして優勝をした。
そんな楽しい時間も早くすぎてしまい。夜になった…

4.jpg

ホテルでチェックインを済ませダンテとルナは部屋へと向かった。

部屋は広くて窓からは海が見える。窓を開けると波の音が聞こえてくる。

その部屋をあとにして温泉を満喫した。ここの温泉は屋上にあり景色が見える…温泉で体を癒し、景色で心が満たされた。

温泉から出てルナと合流…夕食も食べ終えて二人は再びあの見通しのいい部屋へと向かった

ダンテはベッドに腰かけた。

ルナ「え…ベッドが……ひとつ…?」

ダンテ「んな!!…」

ダンテはルナと一緒に寝る想像をしてしまった。その想像を消すかのように頭をぶんぶんと振り回す。

ルナ「……し、失礼します」

ルナがダンテの右側に腰をかける。

ダンテ「……」
ルナ「……」

二人がなかなか話さないためその部屋は静寂で支配されていった。

約五分ぐらい経ったころ、ルナはダンテによりかかる…

ダンテ「!!!!!」

ルナ「眠くなってきちゃいました…」

ダンテ「そ、そうか…じゃあルナはベッド使えよ…俺はソファーで寝るからさ…」

ダンテが立とうとしたときルナはダンテの腕をつかんだ。

ダンテ「な、なんだ…?」

ルナ「い、一緒に…寝たい…ですぅ…////

ダンテ「し、仕方ないな…お前がいうならそうするか…」

二人ともベッドの中に入った…

ルナ「……////

ダンテ「な、なあ…ルナ…ちょっといいか?」

ルナ「はい?」

ダンテ「本当に俺なんかでいいのか…?俺なんかよりもっといい男がいるんじゃないか…?」

ルナ「ど、どうして…そんなことを言うのですか…?」

ダンテ「え…」

ルナ「わ、私のこと…嫌いなのですか…?」

ダンテ「いや!そういうことでは…」

ルナ「嫌い…ですか…なんかごめんなさい…こんな私とリゾートに行くなんて…つまらなかったでしょ…」

ルナがダンテに背をむけた…

ダンテ「……ああ!もう!」

ダンテはルナを振り向かせそして…

チュッ……

ルナ「!!!!!!!

ダンテ「嫌いなんかじゃない!大好きだ!ルナと一緒にリゾート行けると知ってすごくうれしかった!!」

ルナ「……うれしいです」

ダンテ「……!」

ルナ「すごく…うれしいですぅ…」

ルナは涙が止まらなくなった…それを見たダンテはルナを優しく抱きしめた…

ルナ「あっ…」

ダンテ「うれしいなら笑ってくれよ…女の泣き顔なんて見たくないぜ…」

ルナは涙を拭いた。

ルナ「あはっ…(笑顔)」

それを見てダンテも笑顔になった…

ダンテ「ははっ!お前は笑顔が似合うな!」

ルナ「えへへっ…♪」

ダンテ「ははっ」

ルナ「あ、あのダンテさん…」

ダンテ「ん?なんだ?」

ルナ「も、もう一回…お願いします…」

ダンテ「ああ…一回だけではなく何度だってしてやるさ…」

ルナ「はいぃ…////

そして…夜が明けて二人はリゾート地区をあとにした…

ダンテ「ふーっ…遊んだ遊んだぜ!な!ルナ!」

ルナ「そ、そうですね…」

ダンテ「お前の水着姿…可愛いかったぜ…」

ルナ「あぅぅ…そ、そんなことないですよぉ…////

ダンテ「ああ!もう可愛い!抱きしめさせろぉ~!!」

ルナを抱きしめた

ルナ「ひゃうぅぅぅ!?い、いきなり何を!?」

ダンテ「だって付き合ってるんだしいいじゃねぇか」

ルナ「で、でも…ひ、人が見てるよぉ…恥ずかしいよぉ…////

ダンテ「いいじゃねぇか…見せ付けてやろうぜ…」

ルナ「か、勘弁してぇ~!!」

ルナは顔を真っ赤にして逃げ出してしまった…

ダンテ「あ!おい!まてよ~!!」

っということで今回はここまでさ!!
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://nerogu.blog.fc2.com/tb.php/145-a63beb34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

デビルアクセスカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



プロフィール

くろのん

Author:くろのん
ようこそDevil`sBarへ…

私はこの店のマスター、くろのんと申します…

どうぞ…お見知りおきを…

東京都
23歳
好きなもの ゲーム ラルクアンシエル
最近熱中しているもの PSO2

リンクはフリーですよ~コメントしてくれれば相互リンクもしますよ。

気軽にコメントしてくださいね♪

SKYPE名はdevilhunter134です。

~キャラ紹介~

~PSO2~
ラグナ プロフィール2
女ラグナ プロフィール
メインキャラ
ラグナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男または女
クラス ハンター
主力武器 デウス・マドネス
何のためらいもなく敵を殺すほどの冷酷非道
仲間にも厳しく自分にも厳しいが実はクロノヴィアの中で一番仲間思い

シャルナ プロフィール
シャルナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 カエルム・フィーネ
小悪魔な性格&重度のブラコン
怒ると髪が銀髪に変化する

ルクト・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 イラ・ゲイル
真面目で優しいが女性にめっぽう弱く真っ赤になってしまう

シャロン・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 アウルム・ソル
ショタコン疑惑がかかるくらいの子供好き、男性に対して免疫がなく気絶することが多い

ノアル・フェリエル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 双小剣
超無口な為筆談で会話する。忠誠心が非常に強くラグナの命令は絶対に逆らわない

リーナ・ハリウェル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 銃
仕事馬鹿であり常にキャンディーを口に含まないと落ち着かないくらいの超甘党

フェイン・エルヴィンス
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 二刀流

心優しいが気弱なためよくからかわれることが多い

~PSo2I~

バージル2
メインキャラ 
バージル・ブラッドレイジ
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ ダークスレイヤー(HU)
主力武器 ネクス・ディアーボルス
冷酷非道(敵に対して)
クールで不器用な優しさを持つ。
ダンテ2
キャラ名 
ダンテ・ヴェイル
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ レイジングブラスト(HU)
主力武器 ディオス・デスペルタル
テンションが高い、よくナンパする。
ネロ2
キャラ名 
ネロ・ストレイル
種族 ビースト
性別 男
タイプ ラストジャッジ(HU)
主力武器 ジャッジメントハーツ
悪ガキ 単独任務ばかりやっている。汚れ仕事が多い
スパーダ2
キャラ名 
スパーダ・クラウス
種族 デューマン
性別 男
タイプ クオ・ヴァディス(HU)
主力武器 ナイトオブアルティメット
礼儀正しい、紳士的
エリン2
キャラ名 
エリン・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
タイプ ヴァルキリアス(HU)
主力武器 煌刃パニッシュメント
常に冷静、バージルと一緒にいたのか冷酷な面がある。
以外と恥ずかしがり屋。
ルナ2
キャラ名 
ルナ・ハーティル
種族 ビースト
性別 女
タイプ アンブロークン(BR)
主力武器 レンゴクトウ・レンサ
気弱で仲間思い 気弱なためよくいじられる 
ツバキ2
キャラ名 
ツバキ・キサラギ
種族 ニューマン
性別 女
タイプ エリアルレイド(FO)
主力武器 エターナルサイコドライブ
すごく元気な女の子 バージルの弟子
セラ2
キャラ名 
セラ・オーファン
種族 デューマン
性別 女
タイプ クレイドル(RA)
主力武器 エタニティゲイザー
プライドが高く怒りやすく素直じゃない、だけど本当はとても優しい

ティーナ2
キャラ名
ティーナ・ウェイン
本名 リアンナ・ファロン
種族 ビースト
性別 女
タイプ 風魔流体術
主力武器 ナノブラストサイス
無口、恥ずかしがりや、人見知り、戦闘中ではドSと化す

ティア・アルヴィン
種族 キャスト
性別 女
主力武器 銃
研究馬鹿であり全ての物を研究しつくすのが夢
ルナの作った菓子が好きな為よくルナを呼び出す

セレナ・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 ワイヤー
可愛い女性を見つけるといたずらする。心を読む為彼女の前で嘘は通用しない

ルイス・シルヴィア
本名 セフィリア・オーファン
種族 デューマン
性別 女
主力武器 未定
秘密主義でミステリアスな女性
意外と妹思いな所がある



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。