クロノヴィア機関~Devil`sBar~
ようこそDevil`sBarへ…ここでは主にゲームを中心とした記事を書いていきます。最近ではPSO2に関する記事を書いています。他にはキャラたちによるストーリーも書いています。ぜひ見ていってください!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンタシーストーリー~Vampire of the survivor~
~居住区~

ルナ「ふぅ…今日の任務終わりっと……」

ルナは自室に向かう、すると聞き覚えのある声がしてとあるドアの前で足を止める

ルナ「この声…ネロ君…?」

ネロ「お前に何があった!やめろぉ!!」

叫び声がはっきりと聞こえルナは慌ててドアを開ける

そこにネロの首に噛み付いているセラの姿があった

ルナ「セラ…さん…!?」

ネロ「うっ…っく…!セラぁ……!!」

大分血を吸われ意識が朦朧とし始める

ルナ「や、やめてください!セラさんっ!!」

ドンっとセラを突き飛ばす。壁に頭をぶつけその衝撃で我を取り戻したようだ

セラ「!!……わ、わたくし…何を……!?」

ルナ「い、一体どうしたのですか?」

ネロ「う……」

ルナ「ネロ君…!!」

ぐったりとネロは倒れる。ルナは近寄りゆっくりと抱き起こした

セラ「………!!」

首から出血、そして口に残る血の味でセラはすぐに状況を理解した

ネロ「セラ……お前…何が……」

セラ「わ…わたくし……!!」

ネロとルナがセラを見つめる。その視線に耐えられなかったのか取り乱し部屋から出て行く

ネロ「待て……セラぁ!」

意識が定まらい上無理に動こうとしたためバランスを崩すがルナが支える

ルナ「だ、だめだよ!その体じゃ……一旦落ち着こう……ね?」

ネロ「………分かった……」

ルナ「と、とりあえず……ティアさんの所に…!」

ネロを抱えて研究所へと向かう

ルナ「ティアさん…!ネロ君が…!」

ティア「なんだ…忙しい時に…」

ルナ「その…セラさんに首を噛まれて…血を大分吸われたいみたいなの…」

ティア「……何…?……分かった…そこのベッドに寝かせろ、輸血の準備をする…」

ルナ「は、はい……」

ルナはネロをベッドに寝かせる。ティアは輸血するため装置を持ってきて輸血を開始した

ティア「ふふ……こいつは最近完成した装置でな…注射した時こいつのデータを読み取り血を生成する代物だ…」

ルナ「さ、さすがです……」

ネロの容態も安定したのか顔色がよくなってきた

ネロ「う……俺は……」

ティア「貴様の嫁に血を吸われた…新手の求愛行動か何かか?」

ルナ「て、ティアさん…////

ネロは起き上がろうとする

ルナ「だ、だめだよ…急ぎたい気持ちは分かるけど…今は休めなきゃ…」

ネロ「だが…セラを探さないと…!!」

ティア「丁度いい…ネロ…貴様に教えておこうと思ったのだが…これを見てくれないか?」

ティアはパソコンを立ち上げてセラの昔のデータと最新データの二つを見せた

ルナ「え……な、何これ……」

ティア「見ての通り…セラの体が変化している…」

ネロ「何で気付かなかったんだ!早く気付けば対処出来ただろうが!!」

ティア「あいつが私の定期健診にこないのが悪い…」

ネロ「………」

ティア「仮に気付いたとしても止められはしない…」

ネロ「なぜそう言いきれる…?」

ティア「……さっきの言葉に誤りがあったな…セラの肉体は変化していない…正確には…元に戻ってる…が正しいな」

ネロ「どういうことだ…」

ティア「セラの体はSEEDに侵食されていた。そのため本来の肉体の力を抑えられていたのだろう…だが歳をかさねセラの肉体は強くなり…逆にセラの中のSEEDが弱くなった…そして今となりセラの中のSEEDは消えて…元の肉体を取り戻したのだろうな…」

ルナ「あ、あれが…本来のセラさんなの…?」

ティア「そういえば昔話でこんな化け物がいたな…人間の血を糧に生きる…人間の形をした化け物…」

ティア「ヴァンパイアとな……」

ネロ「セラは化け物じゃねぇ!!!」

セラ「……わたくしが……ヴァンパイア……?」

入り口の前にセラが立っていた。

ルナ「せ、セラさん…!!」

セラ「…………っ!!」

セラは出て行った

ルナ「セラさぁん!!」

急いでセラを追う

ネロ「ま、待て…!セラぁ!!」

ネロも追いかけようとするがティアに止められる…

ネロ「離しやがれ…!」

ティア「落ち着け…セラはルナに任せる…お前にはやってもらいたい事がある…」

ネロ「うるせぇ!!俺はセラを…!!」

ティア「なら仕方ないな…セラを止める方法があるかもしれないのに…どうぞ…セラを追いかけてくれ…」

ネロ「…止める方法だと…?」

ティア「もしかしたら…だがな…その為にはセラと同じ肉体のデータが必要だ…あいつの生まれ故郷に行けば…骨くらい見つかるだろう…」

ネロ「…それを取ってくればいいんだな…」

ティア「なるべく多くのデータを採取してきてくれ。」

ネロ「分かった…」

ティア「今日は休め…」

ネロ「………」

ネロは不満な顔をするが眠りについた

~翌日~

ティア「さあ起きろ…!」

ぺしんと頭を平手打ちする

ネロ「痛って!!何しやがる!!」

ティア「さっさとデータを採取してこい…」

ネロ「ちっ…気に入らない奴だ…」

ばっと立ち上がって研究所を出て行った。

セラの生まれの場所に行く途中…ルナに連絡を取る…

ネロ「ルナ…セラはどうした…?」

ルナ「ね、ネロ君…ごめん…途中で見失っちゃった…」

ネロ「………そうか…」

ルナ「お話は聞いてる…私は引き続きセラさんを探すよ…」

ネロ「ああ…頼む…」

連絡を切りネロはニューデイズに向かった…ティアに指定された付近に専用機を着陸させる。

ネロ「ここの近くか…」

草原


外は緑が生い茂っており心地良い風が吹く。その中を急ぎ足で目的地に向かう

森林に入り少し歩くと大きな門に阻まれた…その近くの看板にこう書いてあった

「この先オーファン家の私有地」

ネロ「この先か…」

ネロは偶然空いてた門の隙間をかいくぐり奥へと進む

そこにはボロボロの豪邸が建っており所所焼け跡が目立っていた

ネロ「めちゃくちゃだな…」

ネロは入り口から中へと向かう

オーファン家


ネロ「ここが…セラの家…なんだな…」

くまなく屋敷内を探し回るが骨の欠片すら見つからなかった…

ネロ「……これって死体探しだよな……バチあたりそうだぜ……」

???「こんな所にまで宝探し?」

後ろから声がして振り返ると見た事のない女性が立っていた

ルイス登場


ネロ「誰だ…あんた?」

???「それはこっちの台詞よ…悪いけど…ここにはお宝なんてものはないわよ」

ネロ「そんなものには興味ねぇ…邪魔するな」

???「そ……ちなみに探しものって…これかしら?」

人間の骨をぶらぶらと見せ付ける

ネロ「!!……それをよこせ……」

???「目的と名前を教えなさい…返答次第だったら渡してやってもいいわよ」

ネロ「……ネロ・ストレイルだ……目的は生体データの採取…」

???「なぜ採取に乗り出したのかしら?」

ネロ「俺の恋人を止める方法があるかもしれない…そのためにデータが必要だったんだ…」

???「ふーん……その恋人…何があったのかしら?」

ネロ「その質問に答える前に…お前の名前と何でここにいるのか教えろよ…」

ルイス「…ルイス・シルヴィア…旅人よ…どこかいい宿がないか探してここにたどり着いたの…ついでにお金になりそうな品を探しにね…」

ネロ「ルイスか…」

ルイス「さ、答えてくれる?ついでに恋人さんの名前も」

ネロ「…セラ・オーファンだ……昨日いきなり俺の血を吸ったんだ…そんな事なかったのに…」

ルイス「……オーファン……」

ネロ「さあ…そいつを渡せ…」

ルイス「……分かったわ」

ルイスはネロに手渡す

ネロ「俺はこれで…じゃあな」

ルイス「良いこと教えてあげるわ…昔昔…狂いに狂った吸血鬼は愛する人の血を吸い理性を取り戻した……その愛する人は…死んだ…」

ネロ「……何言ってるんだ?」

ルイス「じゃあね」

ネロ「お、おい!!」

ふっと姿を消した

ネロ「なんだったんだ…あの女……とりあえず…戻るか…」

ルイスはネロが立ち去るのを影で見送った

ルイス「………私以外にも生き残りがいるなんてね……」

To be continued…
スポンサーサイト


デビルアクセスカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



プロフィール

くろのん

Author:くろのん
ようこそDevil`sBarへ…

私はこの店のマスター、くろのんと申します…

どうぞ…お見知りおきを…

東京都
23歳
好きなもの ゲーム ラルクアンシエル
最近熱中しているもの PSO2

リンクはフリーですよ~コメントしてくれれば相互リンクもしますよ。

気軽にコメントしてくださいね♪

SKYPE名はdevilhunter134です。

~キャラ紹介~

~PSO2~
ラグナ プロフィール2
女ラグナ プロフィール
メインキャラ
ラグナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男または女
クラス ハンター
主力武器 デウス・マドネス
何のためらいもなく敵を殺すほどの冷酷非道
仲間にも厳しく自分にも厳しいが実はクロノヴィアの中で一番仲間思い

シャルナ プロフィール
シャルナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 カエルム・フィーネ
小悪魔な性格&重度のブラコン
怒ると髪が銀髪に変化する

ルクト・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 イラ・ゲイル
真面目で優しいが女性にめっぽう弱く真っ赤になってしまう

シャロン・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 アウルム・ソル
ショタコン疑惑がかかるくらいの子供好き、男性に対して免疫がなく気絶することが多い

ノアル・フェリエル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 双小剣
超無口な為筆談で会話する。忠誠心が非常に強くラグナの命令は絶対に逆らわない

リーナ・ハリウェル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 銃
仕事馬鹿であり常にキャンディーを口に含まないと落ち着かないくらいの超甘党

フェイン・エルヴィンス
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 二刀流

心優しいが気弱なためよくからかわれることが多い

~PSo2I~

バージル2
メインキャラ 
バージル・ブラッドレイジ
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ ダークスレイヤー(HU)
主力武器 ネクス・ディアーボルス
冷酷非道(敵に対して)
クールで不器用な優しさを持つ。
ダンテ2
キャラ名 
ダンテ・ヴェイル
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ レイジングブラスト(HU)
主力武器 ディオス・デスペルタル
テンションが高い、よくナンパする。
ネロ2
キャラ名 
ネロ・ストレイル
種族 ビースト
性別 男
タイプ ラストジャッジ(HU)
主力武器 ジャッジメントハーツ
悪ガキ 単独任務ばかりやっている。汚れ仕事が多い
スパーダ2
キャラ名 
スパーダ・クラウス
種族 デューマン
性別 男
タイプ クオ・ヴァディス(HU)
主力武器 ナイトオブアルティメット
礼儀正しい、紳士的
エリン2
キャラ名 
エリン・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
タイプ ヴァルキリアス(HU)
主力武器 煌刃パニッシュメント
常に冷静、バージルと一緒にいたのか冷酷な面がある。
以外と恥ずかしがり屋。
ルナ2
キャラ名 
ルナ・ハーティル
種族 ビースト
性別 女
タイプ アンブロークン(BR)
主力武器 レンゴクトウ・レンサ
気弱で仲間思い 気弱なためよくいじられる 
ツバキ2
キャラ名 
ツバキ・キサラギ
種族 ニューマン
性別 女
タイプ エリアルレイド(FO)
主力武器 エターナルサイコドライブ
すごく元気な女の子 バージルの弟子
セラ2
キャラ名 
セラ・オーファン
種族 デューマン
性別 女
タイプ クレイドル(RA)
主力武器 エタニティゲイザー
プライドが高く怒りやすく素直じゃない、だけど本当はとても優しい

ティーナ2
キャラ名
ティーナ・ウェイン
本名 リアンナ・ファロン
種族 ビースト
性別 女
タイプ 風魔流体術
主力武器 ナノブラストサイス
無口、恥ずかしがりや、人見知り、戦闘中ではドSと化す

ティア・アルヴィン
種族 キャスト
性別 女
主力武器 銃
研究馬鹿であり全ての物を研究しつくすのが夢
ルナの作った菓子が好きな為よくルナを呼び出す

セレナ・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 ワイヤー
可愛い女性を見つけるといたずらする。心を読む為彼女の前で嘘は通用しない

ルイス・シルヴィア
本名 セフィリア・オーファン
種族 デューマン
性別 女
主力武器 未定
秘密主義でミステリアスな女性
意外と妹思いな所がある



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。