クロノヴィア機関~Devil`sBar~
ようこそDevil`sBarへ…ここでは主にゲームを中心とした記事を書いていきます。最近ではPSO2に関する記事を書いています。他にはキャラたちによるストーリーも書いています。ぜひ見ていってください!
ファンタシーストーリー~LonelyGirl~
レハス・ファロン…驚異的な頭脳を持った天才科学者…彼女は平和的な人間で人々のためになる研究をし、兵器の類は作ろうとはしなかった。だが戦争の最中、科学者達は兵器開発にかり出された…レハスも例外ではない。
レハスは断固拒否したが卑劣な軍の上層部はレハスの子供リアンナを人質にした…レハスは鬼の形相で睨みながら命令にしたがった…
そして天才が故にレハスは史上最悪の兵器を作り出してしまった。その兵器は細菌を超効率よくばら撒くことが出来る兵器…最悪の細菌兵器をばら撒く目的で作られた兵器である……予測データによると半径15㎞の植物や生物達が絶滅するという結果が出た…

レハス「こ、こんな事が…もしこれが実用されたら…!」

レハスは怖くなり…その兵器のデータを持ち出した…そして…見張りの目をくぐりぬけ…

リアンナ「あ、ママー!♪」

レハスはリアンナの元に行くことが出来た…

レハス「リアンナ…よかった…さ、ここから出るわよ…!」

レハスはリアンナを抱き上げて兵器開発局から抜け出し姿をくらました…

追手を完全にまくことが出来、二人はモトゥブの集落で平和に暮らしていた…レハスはその集落で知識などを人々に教えて暮らしを豊かにする手助けをしていた…大人や子供達も皆レハスを慕っていた。

リアンナが14歳のころ…平和な日常は粉々に壊された…

ドン!ドンドン!
「うわああぁぁぁぁ…!!」


銃声と叫び声が森から響いてくる…ティーナ、リアンナ、父親を含め人々は皆森のほうへ行った。

森の入り口に近づくと銃で撃たれた死体が横たわっていた…

悲鳴をあげたり…村人達が不安になり始めた…すると…森の中から銃、剣、槍などを持った集団が現れた…

11_20120612135705.jpg


「我々は神の使い!レハス・ファロン!汝の神の結晶を我々天使の使徒に捧げるがいい!!」

そう言い銃を乱射する…天使の使徒は人々を襲っていった…

33.jpg


「レハス!!逃げて!!」

レハス「し、しかし…!!」

「貴女にはリアンナがいるでしょ!!子供を守るのが親の役目でしょ!!」

「レハス…逃げよう!ほら!リアンナもくるんだ!!」

リアンナ「怖いよぉ!お父さん!お母さん!!」

レハス「くっ…あなた!リアンナ!行きますよ!!」

三人は森の中に逃げ込んだ…

ドンッ!!

レハス「あなた!」
リアンナ「お父さぁぁん!!」


銃弾は父親の頭を貫き…息を引き取った…

リアンナ「お父さん!お父さぁぁん!!!」

リアンナは泣きながら父親の元へ行こうとしたがレハスはリアンナを腕を強く掴んだだが…

ドンっ!!!

レハス「あぁぁ…ぁっ…!!」

リアンナ「お母さぁぁぁん!!!!」


銃弾はレハスの足を貫き苦悶の表情をしながら倒れた…

リアンナ「お母さん…!し、死なないでよぉ!」

レハス「うっ…!もう…私は無理…みたいね…」

リアンナ「嫌だ!お母さんと一緒にいる!!」

レハス「リアンナ…」

レハスは兵器のデータをリアンナの頭に入れた

リアンナ「…え?これは…?」

レハス「これを皆の為に使ってくれると信じてるわ………行って…リアンナ」

リアンナ「で、でも…!!」

レハス「行って!!!!」

レハスはなんとか立ち上がり銃を取り出す

レハス「私が時間を稼ぐから…!!」

リアンナ「ぐす…お母……さん!!」

レハス「愛してるわ…リアンナ…!さあ行って!!」

リアンナ「うん…!!」

リアンナは泣きながら走っていった…レハスが見えなくなった頃に銃声が鳴り響いた…そして…

銃弾が…レハスを撃ちぬいた…

レハス「……リアンナ……生きるのよ……」

心臓あたりを撃ち抜かれレハスは崩れるように倒れた…

使徒達がレハスの体を調べる…ディスクを発見するが…

「……ダメだ…中身は空だ…」

「確か子供がいたな…そいつに持たせたに違いない…」

レハス「けほっ…!!」

絶命したかと思いきや銃弾は心臓には直撃しなかった

「まだ生きていたのか…今神の元へ送ってやろう…」

「待て…!まだ利用価値がある…」





リアンナは逃げ続けた…

リアンナ「はぁはぁ…!うっ…けほけほっ……!」

だが体力の限界で立ち止まってしまう…リアンナは姿を隠せる場所を探し出しひとまず休むことにした…

リアンナ「…お母さん…無事だといいな…」

体力も回復してリアンナは立ち上がりまた走ろうとした…だが…使徒達に見つかってしまった…

リアンナ「!!!!…に、逃げなきゃ…!!」

「逃げるな!逃げたら貴様の母の命はないぞ!!」

リアンナ「え…!?」

一人の使徒が縄で縛られたレハスを彼女に見せた

リアンナ「お、お母さん!!!」

リアンナがレハスに近づこうと一歩足を踏み出す

「動くな!」

銃をレハスに突きつけながらリアンナに向かって叫んだ

リアンナ「………!!!!」

「さて…交換条件だ…小娘よ…貴様が我々と一緒に来るならレハスを解放しよう…」

リアンナ「ほ、本当…!?」

レハス「騙されちゃだめよ…!!けほっけほっ!私の事はいいから逃げなさい!!!」

「貴様は黙っていろ!!!」

銃でレハスを殴る

レハス「うぁ…!!」

リアンナ「お母さん!!!」

「早くしろっ!!レハスが…母親がどうなってもいいのか!?」

リアンナはパニックになり考える事が出来なかった…そして…

リアンナ「…………分か…りました」

レハス「リアンナ……!」

「くっくっくっく……」

使徒達がリアンナを囲む

リアンナ「や、約束です…!お母さんを解放してください…!!」

「ああ…解放するとも……肉体からな……!!!」

ドォンッ!!!!!




頭を撃ち抜かれ…レハスは動かなくなった…


リアンナ「……………!!!!!!!!!!!」



リアンナの中で何かが壊れる音がした…そして…膝をついて…ただただレハスを見ていた…


「さあ…我々と一緒に来てもらおう…!!!」


使徒がリアンナを殴る…リアンナは気を失った…そして天使の使徒のアジトへと連れて行かれる…

22.jpg

「この小娘を頼む…」

「ああ…絶対に聞き出してやる…」



目を覚ますと暗い部屋で手足が鎖で繋がれた状態で貼り付けられていた…目の前には男が二人立っていた…


「目が覚めたか…単刀直入に言おう…兵器データを渡せ…さすれば楽になる…」

リアンナ「………………」

リアンナはうつむき加減で小さく首を横に振る

ビシッ!!

部屋にビンタする音が鳴り響く…

「ならばどんな手でも使って吐かせてやる…!!!!!」

ここから地獄が始まった…食料と水はほんの少ししか与えられなかった…彼女の体は鞭や刃物による切り傷…鈍器によるあざ…腕には注射器でさされた痕…肉体的にも精神的にもボロボロにも関わらず…痛みが暴力的に彼女を責め続けた…拷問部屋ではずっと彼女の悲痛な泣き声だけが聞こえてきた…
そんな拷問が一年も続き…

彼女の名前…家族との過ごした幸せな思い出が…消え去ってしまった…

薬物投与による記憶喪失だった…もう戻ることはない…すべてを奪われてしまったのだ…今の彼女にあるのは…拷問によるトラウマだけだった…

「さっさと言え!!言えば楽になる!言え!言うんだ!!!!」

部屋には鞭による乾いた音が響き渡る…

???「………………」

リアンナはもう叫ぶ気力すらなかった…鞭で叩かれてももう反応すらしない…

「はぁ…!はぁ…!ちっ!」

「……交代だ…お前は休んでくれ」

「あぁ…絶対に吐かせろ…」

「………」

「おい!聞こえてるのか!?」

男は拷問した男の腹にナイフを刺す…

「ぐっ…!?き、貴様…!裏切る…つもりか…!?」

腹からナイフを無理やり抜く腹から出血し男が痛みによりふらつくところをナイフで頚動脈を切り裂く

「かはっ…あがっ……!!!」

男は倒れる…それを見てた彼女はポカンとした顔をした…

「……………」

男は鎖を解いた…彼女が倒れそうな所を男が抱きかかえる…

???「…………」

「立てるか……?」

彼女はこくりと小さくうなずきフラフラになりながらも立ち上がる

「よし……ここから出よう!!」

男はそう言って彼女の腕を掴み走り出す…彼女は不思議に思いつつも大人しく引っ張られていく

そして建物から出てジャングルの中へと入っていく…そして走ること数時間…さすがに疲れ一休みとして二人とも座り込む…

???「はぁ……はぁ……」

「はぁ…大丈夫かい…?」

彼女は小さく首を縦に振る

「よかった……」

「君の事は連れてこられた時から知ってるよ…つらかったよな…一年も拷問されて…」

???「…………」

男は傷薬をティーナの傷に塗り始める

???「………っ!」

染みて少し痛がるがすぐに慣れた…男は傷薬を塗りながら語りだす…

「俺…無理やりこの教団に入れられたんだ…入らなければ俺と家族を殺すってな…」

「それから3年もこの教団にいるんだ…もうクズの集まりだ…酷いことを平然とやりやがる…!」

「でも…俺が一番のクズなのかもな…ただ…見てるだけだったんだ…」

「止めたかったけど…怖かったんだ…何をされるか分からなくてさ…」

「でも……君だけは…助けたかったんだ……あの地獄から解放したかったんだ…」

???「………」

彼女は男をずっと見つめた…

「あ、あまり見つめないでくれ…」

すると建物の方からサイレンが聞こえてくる

「!!!!!…まずい!逃げ出した事がバレた!走ろう!!」

44.jpg


そう言って彼女の腕を掴み走りだす

ジャングルから抜け出した…だが目の前は崖で下を見ると激流だった…

「しまった……!!」

使徒達が二人に追いついた

55.jpg


「まさか裏切り者がいるとはな…!」

「さあ!その女をこちらに渡せ!大人しく渡せばせめてもの情けで楽に神の元へ送り届けてやろう!!」

大勢の使徒がどんどん崖に追い詰める…

「…………くっ!どうすれば!」

彼女は男の後ろに隠れる

そして二人は崖の端に立たされる…

「ここまでなのか…!!!」

「もういい!死ね!!!!」

痺れをきらした使徒の一人が銃口を男に向ける

ドンッ!!

???「…………!!!!!!!!!!!」

銃弾は男の肩を貫く…その一撃でバランスが崩れ崖から落ちてしまった…彼女は男を助けようと掴んだが支えきれず彼女も落ちてしまった…

落ちてる最中…男は彼女を抱きしめる

「せめて…落下時のダメージを……!!!」

ザパンと着水する…激しい激流にもまれながらも男は彼女を離さなかった…

「絶対…絶対に守る……!!!!」

彼女は激しい激流の中意識を失った…











目が覚めると…森だった…かなり下流に流されたのだろうか…川は穏やかな流れだった…彼女は起き上がり男を探し出す…

???「………!!!!!!!!」

彼女は変わり果てた男を見つける…だが…もう絶命していた…

???「………起き……て…!」

そう言いつつ男に近づく…だが男はもう動かない…

???「……嫌……だ…!」

男の胸あたりを掴み揺さぶる…だが…動かない…

???「あぁ……あぁぁぁぁぁぁ…!!!!」

彼女は泣き出した…長い間出なかった涙が滝のように流れた……


だが…自然の猛威が…彼女に襲い掛かった…

猛獣が彼女を見ていた…

???「あぁ……あっ…嫌……死にたく…ない…!!」

彼女は死にたくないという一心で逃げ出した…だが…猛獣は追ってこなかった…走りながら後ろを向くと猛獣は男をむさぼっていた…男は死んでもなお彼女を守ったのだろうか…


???「はぁ…はぁ…!!」

あたりはジャングル…もう追っ手がくる気配がない…彼女はジャングルの奥深くへと足を踏み入れた…










バージル「そこから…ティーナは俺と同じように弱肉強食の世界で生き続けた…」

To be continued…
スポンサーサイト


デビルアクセスカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



プロフィール

くろのん

Author:くろのん
ようこそDevil`sBarへ…

私はこの店のマスター、くろのんと申します…

どうぞ…お見知りおきを…

東京都
23歳
好きなもの ゲーム ラルクアンシエル
最近熱中しているもの PSO2

リンクはフリーですよ~コメントしてくれれば相互リンクもしますよ。

気軽にコメントしてくださいね♪

SKYPE名はdevilhunter134です。

~キャラ紹介~

~PSO2~
ラグナ プロフィール2
女ラグナ プロフィール
メインキャラ
ラグナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男または女
クラス ハンター
主力武器 デウス・マドネス
何のためらいもなく敵を殺すほどの冷酷非道
仲間にも厳しく自分にも厳しいが実はクロノヴィアの中で一番仲間思い

シャルナ プロフィール
シャルナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 カエルム・フィーネ
小悪魔な性格&重度のブラコン
怒ると髪が銀髪に変化する

ルクト・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 イラ・ゲイル
真面目で優しいが女性にめっぽう弱く真っ赤になってしまう

シャロン・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 アウルム・ソル
ショタコン疑惑がかかるくらいの子供好き、男性に対して免疫がなく気絶することが多い

ノアル・フェリエル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 双小剣
超無口な為筆談で会話する。忠誠心が非常に強くラグナの命令は絶対に逆らわない

リーナ・ハリウェル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 銃
仕事馬鹿であり常にキャンディーを口に含まないと落ち着かないくらいの超甘党

フェイン・エルヴィンス
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 二刀流

心優しいが気弱なためよくからかわれることが多い

~PSo2I~

バージル2
メインキャラ 
バージル・ブラッドレイジ
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ ダークスレイヤー(HU)
主力武器 ネクス・ディアーボルス
冷酷非道(敵に対して)
クールで不器用な優しさを持つ。
ダンテ2
キャラ名 
ダンテ・ヴェイル
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ レイジングブラスト(HU)
主力武器 ディオス・デスペルタル
テンションが高い、よくナンパする。
ネロ2
キャラ名 
ネロ・ストレイル
種族 ビースト
性別 男
タイプ ラストジャッジ(HU)
主力武器 ジャッジメントハーツ
悪ガキ 単独任務ばかりやっている。汚れ仕事が多い
スパーダ2
キャラ名 
スパーダ・クラウス
種族 デューマン
性別 男
タイプ クオ・ヴァディス(HU)
主力武器 ナイトオブアルティメット
礼儀正しい、紳士的
エリン2
キャラ名 
エリン・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
タイプ ヴァルキリアス(HU)
主力武器 煌刃パニッシュメント
常に冷静、バージルと一緒にいたのか冷酷な面がある。
以外と恥ずかしがり屋。
ルナ2
キャラ名 
ルナ・ハーティル
種族 ビースト
性別 女
タイプ アンブロークン(BR)
主力武器 レンゴクトウ・レンサ
気弱で仲間思い 気弱なためよくいじられる 
ツバキ2
キャラ名 
ツバキ・キサラギ
種族 ニューマン
性別 女
タイプ エリアルレイド(FO)
主力武器 エターナルサイコドライブ
すごく元気な女の子 バージルの弟子
セラ2
キャラ名 
セラ・オーファン
種族 デューマン
性別 女
タイプ クレイドル(RA)
主力武器 エタニティゲイザー
プライドが高く怒りやすく素直じゃない、だけど本当はとても優しい

ティーナ2
キャラ名
ティーナ・ウェイン
本名 リアンナ・ファロン
種族 ビースト
性別 女
タイプ 風魔流体術
主力武器 ナノブラストサイス
無口、恥ずかしがりや、人見知り、戦闘中ではドSと化す

ティア・アルヴィン
種族 キャスト
性別 女
主力武器 銃
研究馬鹿であり全ての物を研究しつくすのが夢
ルナの作った菓子が好きな為よくルナを呼び出す

セレナ・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 ワイヤー
可愛い女性を見つけるといたずらする。心を読む為彼女の前で嘘は通用しない

ルイス・シルヴィア
本名 セフィリア・オーファン
種族 デューマン
性別 女
主力武器 未定
秘密主義でミステリアスな女性
意外と妹思いな所がある



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR