クロノヴィア機関~Devil`sBar~
ようこそDevil`sBarへ…ここでは主にゲームを中心とした記事を書いていきます。最近ではPSO2に関する記事を書いています。他にはキャラたちによるストーリーも書いています。ぜひ見ていってください!
本気のキャラ設定(エリン)
エリン
フルネーム エリン・フィーリアス
出身地 パルム
種族 ヒューマン
年齢 18歳
性別 女
タイプ ヴァルキリアス(ハンター)
趣味 修行、 海で泳ぐこと(週に2回)
好きなもの ワイン、バージルと二人きりでいること

性格はクールな性格であるが、以外と恥ずかしがりや、あまりにも恥ずかしくなると絶叫して逃げ出すことがある。
任務はなんでもこなす、任務成功率は85%と高め。仲間との信頼もある。
武器はツインクローを使う。スピードで敵を翻弄し、爪で引き裂くその姿は狼である
彼女は怒ると敵をあえて殺さず痛めつけてしまう。これはバージルと長く接していたためだろうか
現在バージルと交際中、少しSッ気が増しているがバージルの前だと完全にデレる。

過去の話

彼女は小さい頃、赤い目と青い髪がすごく気味が悪がられ…周りの子供達から魔女とも呼ばれるようにもなった…その日から物を投げられたりとひどい仕打ちを受けた…自ら命を絶とうとした…が、母親に止められた…
たった一つの心の支えである母親はエリンを守り続けてた。
しかし…その母親も彼女が18歳の頃に病死した…
彼女は絶望した…その絶望感から彼女はパルムをさまよっていた…
そして彼女の周りにモンスターが囲んだ。彼女は死を覚悟した。いや誰かに殺してほしかったのかもしれない…
しかし彼女は死ななかった。そこにはバージルがいた。バージルは任務で敵の殲滅任務をしていたのだ。
そしてバージルは立ち去った。エリンは自然とバージルを追いかけていた。
追いついたらそこにはLWの社員がいた…このときのエリンはボロボロだった、社員達はエリンをLWに連れて行き治療をした…
そこに居合わせたスパーダがLWのことを教えてもらいLWに所属することに決めた…
LWの社員達はエリンの赤い目と青い髪を気味悪がられることもなく接している。彼女は少し戸惑っている。
だけど慣れはじめてきて今では明るい生活をおくっている。

バージルとの関係
命の恩人、エリンのパートナーである。あのときの絶望感から救ってくれたのはバージルである。そして同時に初恋の相手でもある。
最初のころはバージルの足を引っ張りひどいことを言われたがそれでも彼女はバージルのパートナーをやめなかった…その結果バージルに認めてもらうほどの実力がついた。彼に認めてもらったとき涙が止まらなかったという。
彼女が生き続けていけるのはバージルという支えと仲間がいることである。
現在エリンはバージルと交際中。

ダンテとの関係
ダンテはよくエリンに金を借りている。エリンはうんざりしているようだ。あまりにも返してくれないのでダンテを追い掛け回したりしている。
別に仲が悪いというわけではない。

ルナとの関係
親友である。よくルナと一緒にショッピングに行ったりとする。エリンがバージルに付き合ったことを知ったその日からルナはどうやったら男と親しくなるかエリンに聞いている。
エリンはルナがダンテのことが好きだと気づいているようだ。

ネロとの関係
ネロの過去を知り、エリンはネロに接している。ショッピングの買い物にネロを荷物持ちとして呼び出している。
これがエリンなりの接し方である。ネロは女に対しての免疫が無いためエリンには逆らえない

ツバキとの関係
ツバキはエリンのことをライバル視していたが、とある出来事がきっかけでツバキはエリンのことを「お姉さま」と呼んでいる。それ以来からツバキはエリンにべたべたしている。

スパーダとの関係
エリンはスパーダに戦い方を教わっている。他には相談も聞いてもらっている。エリンがバージルのパートナーになれたのもスパーダのおかげである。

セラとの関係
親友である。高い頻度で雑談をしている。内容はさまざまである。任務ではよく一緒になることがある。
打ち上げでよくBARでワインを飲んでいる。

ミヤとの関係(BOSUさんとこの)
エリンはミヤの飼い主。二人きりの時はミヤを抱きしめている。たまにいたずらしたりされたりしている。
エリンは常にマタタビを携帯している。

っとまあこんな感じですね。次はルナの設定ですね。
スポンサーサイト
本気のキャラ設定(ルナ)
ルナ

フルネーム ルナ・ハーティル
出身地 モトゥブ
種族 ビースト
年齢 17歳
性別 女
タイプ アンブロークン(ブレイバー)
趣味 可愛い動物を可愛がること
好きなもの 可愛いもの、甘いお菓子

性格は内気で仲間思い。それと男が少し苦手である。
任務はなんでもこなすが、任務成功率は40%と低め、その理由は任務中で仲間が重傷になると任務を無視して手当てなどしたりする。それでターゲットが逃げ出したりするなどで任務が失敗する。
しかし仲間思いなため彼女の周りにはたくさんの仲間がいる。
彼女はビーストだがナノブラストしない、まったく制御できないからだ…以前にも仲間を殺しかけたそうだ。
そのかわりにビースト以上の身体能力がある。
武器は主にダブルセイバーを使う、特にレンゴクトウ・レンサで繰り出す斬撃はかまいたちを起こすほどの威力。まさに風神である。
現在ダンテと交際中、ダンテに勇気を持って告白したことによって少し前向きになった。

過去の話

彼女が九歳の頃、あるテロリスト集団にさらわれた。そして肉体改造をされた…改造されてるときはルナは泣き叫んでいた。さらに催眠術にもかけられた。彼女の心と体はすべて奪われたのだ…
彼女は殺人マシンとなった…テロリスト集団はルナを使いさまざまな悪事を働いた…
そして彼女が16歳のときLWがテロリストを制圧しにきた。テロリスト側はルナを戦わせて自分達は逃げ出そうとしたがルナはスパーダによって止められた…そしてテロリスト集団は皆抹殺された。ルナ以外は…
スパーダはルナが催眠状態であると気づいていたのだ。
ルナが正気を取り戻したとき…そこはLW内の病室だった…
スパーダは真実を話そうとはしなかったが…ルナは覚えていたそうだ…そう催眠状態だったとはいえたくさんの人の命を奪ったことを彼女は覚えていた…あまりの罪悪感に彼女は命を絶とうとも考えたがスパーダに止められた…
「本当に罪を償うなら人のために生きろ!」っと諭された。
今は罪を償うためLWに所属している。

バージルとの関係
ある任務でひどいことを言われルナはバージルのことが大嫌いである。その日以来バージルのことを避けている。または任務で一緒になると色々と理由をつけて任務から外してもらおうとする。

エリンとの関係
親友である。よく一緒にショッピングとかによく行っている。エリンがバージルと付き合ってると知りどうやったら男と親しくなれるか聞いている。どうしてバージルなんかがいいの?っと聞いた瞬間エリンは本気で怒ったようだがすぐに仲直りした。

ダンテとの関係
バージルにひどいことを言われ泣いているところをダンテが慰めてくれた。それがダンテとの出会い。なんでも泣き声が外まで聞こえたという。その日以来からダンテはルナに接している。しかし最近はダンテに恋をしてダンテを見るとパニくって逃げ出してしまう。

ネロとの関係
ネロの過去を聞いてルナはネロに積極的に接している。かなり大胆な接し方をしているため。ネロは顔が真っ赤である。それでもかまわずルナは接している。

ツバキとの関係
ツバキとルナはすごく仲が良い。はたからみると姉妹。任務でのコンビネーションもばっちりだ。ツバキは悩んでいることがある。ルナはバージルのことが嫌いなようだ。それに関してツバキは何か勘違いしてるとルナに言うがルナは聞く耳を持たない。

スパーダとの関係
ルナを地獄から救ってくれた。ルナはそれに関してすごく感謝している。他にはスパーダに戦い方やナノブラストの制御のしかたなどを教えてもらっている。ルナはスパーダのことを先生と呼んでいる。

セラとの関係
ルナと同期。任務でルナとセラが一緒になるとセラは対抗心を燃やす。ルナに助けられると「余計なお世話よ!」っと怒鳴る。なぜルナに対して対抗心を燃やしているのかは不明。

まあこんな感じですね~次はツバキですね~
本気のキャラ設定(ツバキ)
ツバキ

フルネーム ツバキ・キサラギ
出身地 ニューデイズ
種族 ニューマン
年齢 12歳
性別 女
タイプ エリアルレイド(フォース)
趣味 いたずら(主にルナ)、お菓子作り
好きなもの 椿、甘いお菓子 バージル エリン

すごく明るくていたずら好き、しかし憎めない性格である。子供扱いされるとすごく怒る。
主に任務は殲滅任務を選ぶが危なっかしくてダンテかスパーダがついていないと行かせてくれない。
武器はロッドを使う。彼女は他のニューマンより法撃力が高くテクニックの扱いが天才的、その反面大怪我をしやすい。おの強大な法撃力で敵を殲滅する姿はまさに賢神である。
またバージルの弟子であり戦い方もバージルに似ている。
以前まではバージルのパートナーであるエリンを敵視していたがある出来事がきっかけでエリンをお姉さまと呼びベタベタしている。なのでよくエリンを困らせている。

過去の話

彼女の法撃が他のニューマンより強大なのは彼女の父によって改造されたからである。
彼女の父は科学者であるが普通の科学者ではなかった。まだ世界が戦争中の時科学者達は兵器の開発を強制されていた。その中にツバキの父もいた。他の科学者は脅されて兵器開発をしているがツバキの父は兵器の開発に積極的に参加していた。父は生物兵器を任されていた。最強の生物兵器を作るため父は実の娘であるツバキを実験体にした。ツバキの母は止めたが殺された、ツバキの目の前で父に殺された。
ツバキは実験で人体改造、薬物投与などをされツバキは地獄を味わった。さまざまな実験を繰り返しツバキは最強の生物兵器になった。しかし戦争に投下される前に父がいた研究所にLWが襲撃してきた。他の科学者達はLWに助けられたが父はLWに反抗した。しかしスパーダによって父は殺害された。危険人物と判断されて殺されたのだ。
そこにいた廃人と化していたツバキをつれて帰った。ツバキは精神崩壊していた。最強の生物兵器にはなれたが精神が死んでしまったのだ。なんとか精神は正常になったがそのかわりところどころの記憶を失ってしまった。

現在スパーダの勧めでLWに所属している。ある任務で命を落としそうになるがバージルによって助けられた。
それからツバキはバージルに惚れてバージルにもっと近づきたいがため弟子入りした。

バージルとの関係
バージルに弟子入りするために何回も志願したが断られる。しかしそれでもめげずに志願した結果バージルの弟子になった。現在修行で実力もついてきて任務でも活躍するようになった。

エリンとの関係
バージルに惚れているツバキから見てエリンはライバルとしていて見ていた。エリンは普通に接しているがツバキは拒んでいた。しかしとある任務でエリンに助けられてからツバキはエリンのことをお姉様とよびべたべたしている。

ダンテとの関係
ダンテはよくツバキを子供扱いするためツバキはダンテが嫌いである。
任務でダンテと一緒になるとツバキは常に機嫌が悪い、だから助けられると「余計なお世話です!!」っと怒鳴る。
今では少し慣れたようだ。

ルナとの関係
はたから見れば姉妹のように見える。ツバキはよくルナにいたずらをする。それをダンテに発見されると怒られる。
ツバキはルナの笑顔が好きである。

ネロとの関係
女が苦手なネロはツバキには普通に接している。ツバキはネロの性格を知っているので口には出さないがネロが苦手である。ネロはツバキのことを少し気に入っているようだ。

スパーダとの関係
ツバキはスパーダのことをお父様っと呼んでいる。ツバキはスパーダのところにいきバージルについて色々と聞いている。スパーダはツバキに戦い方を教えようとしているが「バージルさんに教わるから結構です」っと断る。

セラとの関係
よく二人でショッピングに行くのを目撃している。
世話好きのセラはツバキによく服を買ってあげている。他には朝飯など作ってくれている。

まあこんな感じですね!!
本気のキャラ設定(セラ)
セラ

フルネーム セラ・オーファン
出身地 ???
種族 デューマン
年齢 17歳
性別 女
タイプ クレイドル(レンジャー)
趣味 料理    
好きなもの ワイン 

性格は素直じゃなく怒りっぽい、彼女の作る料理は一流シェフ並みでパーティーなどで料理を頼まれることもある。戦闘任務では怒りっぽさのせいなのかすぐに突っ込んでしまう傾向がある。そのたびにスパーダとかにあまり突っ込むなと怒られる。逆ギレすることもたまにあるが落ち着くとすぐに反省する。
武器は銃系統を使う。銃系統であればなんでも使いこなせる天才である。
任務成功率は70%とやや高め、主に殲滅任務を選ぶ突っ込んで返り討ちにされることが多々ある。

過去の話

彼女の左目は銀色である。小さいころのセラはそれだけの理由で迫害された。
上流貴族であるオーファン家、彼女はオーファン家に生まれた。そのときの彼女の左目は銀色ではなかった。
そして彼女が10歳の時、オーファン家はSEEDにより滅ぼされた。しかしセラだけは生き残った。病院でなんとか一命を取り留めたがSEEDによる影響か左目が銀色に、さらに不思議な力が彼女に宿ったのだ
そこから彼女は周りから冷たい目で見られるようになった。誰も彼女に近寄ろうとはしなかった。
17歳の時ついに彼女の苛立ちも限界に達し力が暴走してしまいまわりに危害を加えてしまった。そしてLWから来たバージルに拘束されてセラはLWに連れて行かれた。
目が覚めるとそこは病室でスパーダとダンテが横に座っていた。スパーダはLWに入るよう勧めるがセラは拒んだ。そう、もう彼女は人を信じられなくなったのだ。しかしダンテの必死の説得により彼女はLWに入社した。
そして、ネロと出会った。

バージルとの関係

セラは普通にバージルと接しているが、バージルはそうではない暴走時のセラを乱暴に抑えた罪悪感なのかセラの言うことは何でも聞くようにしている。セラは特に気にはしてないようだ。

ダンテとの関係

戦いの基本はダンテに教わったのか少し戦い方がダンテに似ている。よくダンテはセラをからかっている。たまに切れてインフィ二ティブラストしまうこともある。それでもダンテのことは嫌いではない

ネロとの関係

ダンテにネロの話を聞いた。それでセラは自分からネロに近づいた。最初は悪口とか言われたがそれでも怒らず自分の過去もネロに話した。「貴方は一人じゃない…」っとネロを励ました。
それからはセラはネロに接している。ネロは嫌がってはいたが段々文句を言わなくなりネロから接してくるようになった。

スパーダとの関係

任務ではよくスパーダが付き添う、目的は突っ込むセラを落ち着かせることである。これに関しては何も文句は言わない。ほかにはインフィ二ティブラストの制御のしかたを教えてもらっており少しずつ上達した。
スパーダとは飲み仲間でありよく一緒にワインを飲む

エリンとの関係

エリンとは親友であり任務でも息ぴったりである。ショッピングや一緒にも飲みにいっている。エリンと一緒にいるときのセラはかなり素直である。しかし周りに「素直だね」っと言われると反論する。

ルナとの関係

セラはルナをライバル視している。任務で何度かルナ助けられてルナをライバル視したようだ。それからはルナに助けられると「余計な事しないでくださる!?」っと怒鳴る。ほかにはルナが修行するのを見かけると負けじとセラも修行に参加することもある。何事にも負けたくないようだ。

ツバキとの関係

よくツバキと一緒にショッピングに行っている。ツバキに料理に教えたりしている。
ほかにはツバキのために朝食を作ったり、服を買ってあげたりしている。たまにツバキからお母さんと呼ばれることもある。


まあこんな感じですね!次はティーナを紹介するかな?もしかしたら修正とか加えるかも?
本気のキャラ設定(ティーナ)
ティーナ

フルネーム ティーナ・ウェイン(本名リアンナ・ファロン)
出身地 モトゥブ
種族 ビースト
年齢 16歳
性別 女性
タイプ 風魔流体術(ハンター)
趣味 新しい薬作り 
好きなもの バージル ルナ 静かな所で雲一つない草原 

彼女の性格は無口、人見知り、恥ずかしがり屋、寂しがり屋で笑うことは滅多にない、なので人と接するのが大の苦手、しかしとても優しい、例え仲良くなれたとしてもあまりの無口さに離れていってしまう人もいる。さらに言えば任務中きつい性格になり仲間にかなりきついことを言う、友達が出来ない原因の一つである。彼女が心を開かせるようにするには長く付き合っていかないと彼女から喋りだそうとはしない。ティーナはバージルまたはルナによく懐いている。彼女の笑顔を見れたのはバージルとルナしかいない。ティーナは開放感のある場所が好きで草原とかでよく目撃される。
任務成功率は90%と高め協同任務でもそれなりの成績を残してる。彼女の真価は夜の任務で発揮する。
夜にまぎれるとティーナを発見することはまず不可能に近い。故にティーナには奇襲、暗殺などの任務を任される。
戦闘スタイルは小刀をつかった攻撃を得意とする。絞め技、間接技など駆使して敵を倒していく。
さらに忍術で敵を圧倒したり、幻術で敵を惑わすことも出来る。
小刀を使い敵に気付かれず一撃で倒すその姿はまるで死神である。

ティーナは薬作りに関しては天才的、深手の傷でさえ5分で完治させる薬だって作れる。しかし作る所は絶対に見せてくれない彼女いわく「………吐くよ………?」と言われる。唯一バージルが見た、しばらく飯が食べられなかったという。

過去の話

ティーナ…いやリアンナの母親は天才科学者であり平和的な人間だった。人々のためになる研究ばかりしており兵器などの類は作らないと心に決めていた。だが戦争の最中…卑劣な上層部はリアンナを人質にして兵器開発に強制参加させられた…そして…彼女は地上最悪の兵器を作り出してしまった…彼女は恐ろしくなり兵器のデータとリアンナを連れて兵器開発局を脱出した…姿を完全にくらますことが出来た…二人はモトゥブの集落で平和に暮らしていた…その集落で結婚をし父親も出来た…
だが14歳の頃…どこから情報を手に入れたのかカルト教団が兵器データを狙いに集落を襲撃…人々は無残にも殺されていった…母親はリアンナに兵器データを託した…人のために使ってくれると信じて…
三人は逃げたがカルト教団に捕まりリアンナの目の前で母親と父親が殺された…
彼女はショックで口を閉ざした…彼女はカルト教団に捕まった…
そこから彼女の地獄は始まった…
毎日が拷問の日々…薬など使われ彼女の精神はボロボロだった…彼女は家族も…自分の名前さえも忘れてしまった…カルト教団の目的はもちろん彼女の頭の中にあるものだった。
そして15歳の頃、カルト教団の一人が逃がしてくれた。彼はこのカルト教団に強制的に入れられた。彼は彼女が一年も拷問されてることを知り、一刻も早く地獄から解放してあげたい。そしてカルト教団の目をかいくぐり彼女を逃がしたのだ、そして彼女は脱出に成功した。
だが地獄が終わることはなかった…
次は自然が彼女に襲い掛かった、モンスターと過酷な環境が彼女を苦しめた。生き残る方法はただ一つ、偶然村が近くにあり、彼女は夜村に忍び込み食料を盗んだ。しかし村人達に見つかり捕まりそうになる。だがそれでも逃げ出すことが出来た。
16歳の頃何度も盗みを働いた結果、LWに彼女を捕らえる依頼が来た。その依頼はバージルが引き受けた。
そしてバージルと彼女は出会い、バージルはティーナと名付けLWに連れて行った。


バージルとの関係

ティーナの名付け親、人と接することが大の苦手なティーナでもバージルには気を許す。二人きりの時はティーナはバージルに甘える。バージルも色々とティーナの世話をしている。
ティーナが笑顔を見せた時さすがのバージルもキュンときたそうだ

エリンとの関係

エリンとは親友でショッピングや食事で交流を深めている。バージルの嫁と言うことで初対面ではあまり怖がらず接した。バージルとエリンとティーナ、この三人が一緒にいることが多い。

ダンテとの関係

初対面の時はダンテのテンションについていけず逃げ出してしまった。今現在は慣れていないながらも少しずつダンテと交流を深めている。
ダンテは任務時のティーナを知っており他の仲間達が勘違いしないようによくフォローを入れている。

ルナとの関係

とても優しい雰囲気を感じ取ったのかすぐに仲良くなれた。ルナはティーナの過去をバージルから聞いておりティーナにはとても優しく接していた。彼女に嫌な思いをさせないようにティーナを守っていた。
ティーナにとってはルナは姉のような存在で、ルナもティーナを妹のような存在と感じた。
血はつながってないが二人は姉妹となった。

ネロとの関係

なぜかティーナからネロに近づいた。バージルから過去は聞いてるからティーナは怖がって近づかないだろうと思っていた。ネロはいつものように振舞えなくて結果ティーナに気に入れられた。なので任務中ティーナと一緒にいるといつものような行動が出来ない、なのでティーナと一緒の任務は不思議と成功確率が高い。ティーナはネロのブレーキ役を果たしている。

ツバキとの関係

よくティーナと一緒に遊ぶ所を目撃される。ツバキはティーナに楽しい事を教えるためティーナを外に連れ出して遊んでいる。鬼ごっこやかくれんぼなどするがティーナが忍者のため身体能力が高い、なのでいつもゲームではティーナが勝っている。心なしか遊んでる時のティーナは楽しんでいるように見える。これもツバキのおかげだろう

スパーダとの関係

スパーダはティーナに色々な事を教えている。ティーナは拷問の後遺症で知識がないに等しいのだそれを見かねてティーナに基本知識などを教えている。ティーナはスポンジのように頭に知識を染み込ませていった。
おかげで一人暮らしできるほどの知識を得た。しかし寂しがり屋なためバージルかエリンまたはルナの部屋に泊まっている。

セラとの関係

セラはティーナに料理を教えている。初めてティーナの料理を食べた時意識が飛んだそうだ。もうこんな料理を作らせないために料理を教えている。怒りっぽいセラを見てティーナは少しおびえているが現在はもう慣れている。



デビルアクセスカウンター

現在の閲覧者数:



検索フォーム



プロフィール

くろのん

Author:くろのん
ようこそDevil`sBarへ…

私はこの店のマスター、くろのんと申します…

どうぞ…お見知りおきを…

東京都
23歳
好きなもの ゲーム ラルクアンシエル
最近熱中しているもの PSO2

リンクはフリーですよ~コメントしてくれれば相互リンクもしますよ。

気軽にコメントしてくださいね♪

SKYPE名はdevilhunter134です。

~キャラ紹介~

~PSO2~
ラグナ プロフィール2
女ラグナ プロフィール
メインキャラ
ラグナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男または女
クラス ハンター
主力武器 デウス・マドネス
何のためらいもなく敵を殺すほどの冷酷非道
仲間にも厳しく自分にも厳しいが実はクロノヴィアの中で一番仲間思い

シャルナ プロフィール
シャルナ・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 カエルム・フィーネ
小悪魔な性格&重度のブラコン
怒ると髪が銀髪に変化する

ルクト・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 イラ・ゲイル
真面目で優しいが女性にめっぽう弱く真っ赤になってしまう

シャロン・ヴィレイド
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 アウルム・ソル
ショタコン疑惑がかかるくらいの子供好き、男性に対して免疫がなく気絶することが多い

ノアル・フェリエル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 双小剣
超無口な為筆談で会話する。忠誠心が非常に強くラグナの命令は絶対に逆らわない

リーナ・ハリウェル
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 銃
仕事馬鹿であり常にキャンディーを口に含まないと落ち着かないくらいの超甘党

フェイン・エルヴィンス
種族 ヒューマン
性別 男
主力武器 二刀流

心優しいが気弱なためよくからかわれることが多い

~PSo2I~

バージル2
メインキャラ 
バージル・ブラッドレイジ
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ ダークスレイヤー(HU)
主力武器 ネクス・ディアーボルス
冷酷非道(敵に対して)
クールで不器用な優しさを持つ。
ダンテ2
キャラ名 
ダンテ・ヴェイル
種族 ヒューマン
性別 男
タイプ レイジングブラスト(HU)
主力武器 ディオス・デスペルタル
テンションが高い、よくナンパする。
ネロ2
キャラ名 
ネロ・ストレイル
種族 ビースト
性別 男
タイプ ラストジャッジ(HU)
主力武器 ジャッジメントハーツ
悪ガキ 単独任務ばかりやっている。汚れ仕事が多い
スパーダ2
キャラ名 
スパーダ・クラウス
種族 デューマン
性別 男
タイプ クオ・ヴァディス(HU)
主力武器 ナイトオブアルティメット
礼儀正しい、紳士的
エリン2
キャラ名 
エリン・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
タイプ ヴァルキリアス(HU)
主力武器 煌刃パニッシュメント
常に冷静、バージルと一緒にいたのか冷酷な面がある。
以外と恥ずかしがり屋。
ルナ2
キャラ名 
ルナ・ハーティル
種族 ビースト
性別 女
タイプ アンブロークン(BR)
主力武器 レンゴクトウ・レンサ
気弱で仲間思い 気弱なためよくいじられる 
ツバキ2
キャラ名 
ツバキ・キサラギ
種族 ニューマン
性別 女
タイプ エリアルレイド(FO)
主力武器 エターナルサイコドライブ
すごく元気な女の子 バージルの弟子
セラ2
キャラ名 
セラ・オーファン
種族 デューマン
性別 女
タイプ クレイドル(RA)
主力武器 エタニティゲイザー
プライドが高く怒りやすく素直じゃない、だけど本当はとても優しい

ティーナ2
キャラ名
ティーナ・ウェイン
本名 リアンナ・ファロン
種族 ビースト
性別 女
タイプ 風魔流体術
主力武器 ナノブラストサイス
無口、恥ずかしがりや、人見知り、戦闘中ではドSと化す

ティア・アルヴィン
種族 キャスト
性別 女
主力武器 銃
研究馬鹿であり全ての物を研究しつくすのが夢
ルナの作った菓子が好きな為よくルナを呼び出す

セレナ・フィーリアス
種族 ヒューマン
性別 女
主力武器 ワイヤー
可愛い女性を見つけるといたずらする。心を読む為彼女の前で嘘は通用しない

ルイス・シルヴィア
本名 セフィリア・オーファン
種族 デューマン
性別 女
主力武器 未定
秘密主義でミステリアスな女性
意外と妹思いな所がある



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR